wivern ロゴ

サイバーセキュリティ研究所

サイバーセキュリティを中心に、軍事、防犯、サーバーの管理と監視、その他、最新技術を研究しています。


Windows7 に VMware Player がインストールできない

OWASP Broken Web Application を VirtualBox で使う方法

VMware インストール・エラー

OWASP ZAP と OWASP Broken Web Application(BWA) で遊ぼうと思って、Windows7(professional/64bit) に VMware Player をインストールしようとしたんですが、インストール先を指定した後で、エラーが発生してインストールができません。

スクリプト エラー
△このページのスクリプトでエラーが発生しました。
ライン:1089
文字:7
エラー:')'がありません。
コード:0
URL:file:///C:/Users/Smoky's%20NotePC/AppData/Local/Temp/vmware_1423461080/index.htm?lang=1041&locale=1041
このページのスクリプトを実行し続けますか?
Google 先生に相談してみたところ、アカウント名に「'(アポストロフィ)」を使っているのが原因と判明しました。
私は「Smoky's NotePC」というアカウントを設定していました。

じゃあ、アカウント名を変えれば解決じゃん、と思ったら、そうは問屋が卸さない(笑)。
アカウント名を変えても、ユーザー・フォルダ名が変わらないのです。
管理者モードでログインしても、手動でユーザー・フォルダ名を変えることを拒否されます。

厳密に言うと、アカウント名が含まれているユーザー・フォルダ名に「'(アポストロフィ)」が使われているのが問題なのです。
これでインストーラがバグること自体が問題だと思うのですが。

これ以上はつきあっていられないと判断して、今のアカウントでログアウトしてから、新しくアカウントを作ってインストールしようかとも思いましたが、私的にそれはいろいろと弊害があったので、VMware Player をインストールするのは断念して、VirtualBox で環境を構築することにしました。

ここからは、おまけの参考情報です。

OWASP Broken Web Application(BWA) は、VirtualBox でも問題なく動作することを確認しました。
参考までにその手順を記すと、

(1)OWASP Broken Web Application(BWA) (.7z アーカイブ)をダウンロード
(2).7z ファイルを 7-Zip 等で解凍
(3)VirtualBox で新規にイメージを作る際に、OS は「Linux」、Version は「Ubuntu」を選択
(4)HDD の選択時にいちばん下の「Use existing hard disk」を選択
(5)すぐ右のフォルダ指定アイコンをクリックして、.7z ファイルを展開したフォルダを選択
(6)「OWASP Broken Web Apps.cl1」を選んでイメージを作成
(7)設定メニューの「ネットワーク」で、「Attached to:」の指定を「NAT」から「Host-Only Adapter」に変更すればでき上がりです。
(8)起動時に、root パスワードと IP アドレスが表示されるので、それをメモしておきます。


記述に際しては、細心の注意をしたつもりですが、間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。


→ Windows7 で LAN(有線/無線)の優先度を設定する方法
←「Bootstrap 非公式日本語版」の日本語化対応状況について


« 戻る