wivern ロゴ

サイバーセキュリティ研究所

サイバーセキュリティを中心に、軍事、防犯、サーバーの管理と監視、その他、最新技術を研究しています。


セキュリティ対策入門

最低限のセキュリティ対策にオススメの3冊

最低限のセキュリティ対策にオススメの本3冊

 最低限のセキュリティ対策を、自分で行うための指南書としてオススメの3冊を紹介します。


 これはまさに私が体験したことですが、サーバーを管理・運営していて、セキュリティ対策をしようと思っても、体系的にその手順や方法を学ぶ術がありません。

 インターネットで情報を集めようにも、新旧が混在していたり、前提とされている知識や技術がバラバラであったり、重要度や優先度も不明確です。

 結局、手当たり次第に参考になりそうな書籍や情報を読み漁って試行錯誤を繰り返しながら、自分なりのスタイルや方法論を構築して向上させていくしかないというのが現状です。

 これからセキュリティの勉強がしたいと思う人に、私と同じ轍を踏ませないために、最初はこれだけ読めば最低限のセキュリティの知識や技術が身につく書籍を紹介します。


「CentOS徹底入門」

 Linuxについての総復習の意味も兼ねて、最初はこの一冊です。
日頃サーバーを管理・運営してる人であれば、軽く読み通せると思います。

 Amazon  楽天ブックス


Linuxセキュリティ標準教科書( Ver1.0.0 )

 2冊目はこれ。LPI-Japanが無償で配布しているドキュメントです。LPI-Japanのサイトには他にも有用な資料がたくさんありますが、セキュリティ対策についてはこれをオススメします。
「CentOS徹底入門」を読み通せれば、難しい内容ではありません。

ダウンロード


「Linuxサーバーセキュリティ徹底入門」

 最後はまさに鉄板のこの一冊。
セキュリティ対策の入門書・実践書としては必読の一冊です。
紙幅の関係からか、少し駆け足気味に紹介記事っぽく書かれている箇所もありますが、セキュリティ対策の基礎を学び、応用への足がかりを得るには文句なしの内容です。

 Amazon  楽天ブックス


 最後に大事なアドバイスをひとつ。

 セキュリティについては私もまだまだ偉そうに言えるレベルではありませんが、あえて言わせてもらうと、セキュリティの知識や技術の向上のためには、

「実際に手を動かして操作してみること」

 これがイチバンの近道だと思います。
そしてできればその日にやったことの記録を残すことをオススメします。

 今回紹介した3冊以外にもオススメの本がありましたら、ぜひ教えてください。


記述に際しては、細心の注意をしたつもりですが、間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。


→「世界規模のサイバー攻撃を実感する」


« 戻る