wivern ロゴ

サイバーセキュリティ研究所

サイバーセキュリティを中心に、軍事、防犯、サーバーの管理と監視、その他、最新技術を研究しています。


Windows10 の Windows Defender を完全に無効にする方法

セキュリティの検証環境で Windows Defender を無効にする

Windows Defender

はじめに
セキュリティ等の検証環境として、Windows10 を仮想イメージで使っていると、セキュリティ対策として標準でインストールされている Windows Defender がジャマをして、検証に必要なファイルが削除されてしまう場合があります。
設定で Windows Defender をオフにしても、しばらくするとオンに戻されてしまうために、これではオフの状態を維持できません。
そこで、Windows Defender を完全にオフにする方法を紹介させていただきます。

注意
この操作は自己責任でお願いします。
この操作の結果、システムに障害が起きても責任は持てません。

操作方法
レジストリ・エディタ
・スタートメニューから「regedit」と入力してレジストリ・エディタを起動して、以下のキーを探します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender

・ここで新しい値として、

名前:DisableAntiSpyware
種類:DWORD
値:0 で有効、1 で無効なので、1 に設定

を追加してレジストリ・エディタを終了して、再起動します。

Windows Defender オフ
・これは、再起動後に設定画面で確認した画面ですが、問題なく設定できたようです。


記述に際しては、細心の注意をしたつもりですが、間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。


→「Windows7( modern.IE ) VM を日本語化する方法」
←「不正アクセス IP アドレスリスト」


« 戻る


↓ Now Translating...↑ Now Translating...

↓ Now Reading...

↑ Now Reading...

↓ Recommending...

↑ Recommending...