wivern ロゴ

サイバーセキュリティ研究所

サイバーセキュリティを中心に、軍事、防犯、サーバーの管理と監視、その他、最新技術を研究しています。


基礎からのPHP

PHP で MySQL を活用する方法の紹介本

基礎からのPHP

[目次]
PART01 はじめてのPHP
CHAPTER01 PHPの概要
CHAPTER02 PHP利用の準備
CHAPTER03 PHPが確実に動作するまで

PART02 PHPの基礎の基礎
CHAPTER04 PHPの基礎の基礎
CHAPTER05 条件分岐と繰り返し
CHAPTER06 ユーザー定義関数
CHAPTER07 日本語文字列を扱う
CHAPTER08 配列
CHAPTER09 Webページからのデータ送信

PART03 MySQLを利用する
CHAPTER10 MySQLを利用するために
CHAPTER11 phpMyAdminによるMySQL操作の基本
CHAPTER12 SQL文の基本 -とりあえず必要なことだけ-
CHAPTER13 PHPでMySQLを利用する

PART04 実用となるWebアプリケーションを目指して
CHAPTER14 PHPのクラス
CHAPTER15 電子メールの送信
CHAPTER16 ファイルとディレクトリの操作
CHAPTER17 グラフィックの簡単な利用

PART05 画像掲示板に挑戦
CHAPTER18 Cookieを使おう
CHAPTER19 セッションって何?
CHAPTER20 Webアプリケーションに対する攻撃を知ろう
CHAPTER21 簡易画像掲示板を作ってみよう
CHAPTER22 画像掲示板を完成しよう

APPENDIX
01 問題解決チェックシート
02 ユーザーアカウント制御の設定
03 php.ini大図解
04 付録CD-ROMの使い方
[書評]
「基礎からのMySQL」の著者の西沢夢路氏が書かれた PHP の入門書です。

「基礎からのMySQL」が主眼を MySQL に置いて、PHP での活用例を紹介しているのに対して、本書では、PHP に主眼を置いて、PHP で MySQL を活用する方法が紹介されています。

セキュリティについても、一章24ページを割いて説明されています。
最終章では、ここまでの学習の集大成として画像掲示板を作成します。

PHP の学習内容としては申し分ありませんが、全体を通して、プログラミング初心者には少し難易度が高い内容かも知れません。

私だけの印象かも知れませんが、167 ページの中央付近の記述は難解でした。
トータルでは PHP の入門書としてオススメできる一冊に仕上がっています。
一度だけでなく、何度も読み返して PHP をモノにして欲しいと思います。

残念ながら、本書には少なからず誤植が見受けられますが、現時点ではサポートサイトに正誤表は公開されていません。
時間の問題で正誤表は用意されると思いますが、参考までに私が見つけた誤植を公開します(一部、注釈を含みます)。

[正誤表]
p.63 List05-14 9行目
[誤]
}while ($g <= 50);
[正]
}while ($g <= 250);

p.89 本文 10行目
[誤]
mb_sbstr関数
[正]
mb_substr関数

p.122 MySQL パスワードの設定
[注釈]
http://localhost/security/xamppsecurity.php を入力しても遷移できない。
http://localhost/xampp/ から遷移する。

p.140 本文 14行目
[誤]
「pr」が売上額を示していました。
[正]
「pr」が価格を示していました。

p.165 本文 下側本文 3行目
[誤]
reply_insert.sgl
[正]
reply_insert.sql

p.215 本文 2行目
[誤]
readme 関数の2つの引数
[正]
readme 関数の2つ目の引数

p.275 本文 正規表現とは
[誤]
正規表現を使用すると、
[正]
正規表現を使用するとは、

本書サポートサイト

 Amazon  楽天ブックス


記述に際しては、細心の注意をしたつもりですが、間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。


→「インフラエンジニアの教科書」
←「ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩」


« 戻る